あなたの地域の健康と笑顔を守ります。

富士市薬剤師会

富士市薬剤師会トップページ >お薬手帳ってなに?
※こちらのページをご利用になるにはIDとパスワードが必要になります。
PDFファイルを開くにはAcrobat Readerが必要です。下のボタンより無料でダウンロードできます。
Adobe Readerのダウンロード

お薬手帳ってなに?

お薬手帳ってなに?

お薬手帳 お薬手帳とはあなたの今飲んでいる薬の記録しておく手帳の事です。どこの薬局でももらえますが、そのときに薬剤師さんに薬の名前や副作用など必要な情報を書き込んでもらいましょう。今飲んでいる薬の情報が必要な時、どこでもすぐに使えるように一人一冊持っているととても便利です。

◆どうやって使うの?

病院や歯医者さん薬局に行く時お持ちください。医師・薬剤師がお薬手帳の記録をチェックし、薬の飲み合わせや副作用を防ぐことができます。また、新しく処方された薬の情報等を記入してもらうこともできます。入院する時もこれがあるとお医者さんはとても助かります。いつもの薬を間違いなく出してもらえて安心ですね。

◆めんどくさい?

同じくすりで起きるアレルギー、2度目は1度目より強くでると言われています。だから同じ副作用に2度と会わないようにしておく事はとても大切です。形は違っても、同じ効果の薬はかなり多いのですし、お薬同士が相手の薬の効き方を変えたりします。専門家によるチェックを受ける事はちょっと手間がかかるかもしれませんがあなたの命を守る事につながるのです。

◆薬の名前を覚えていますか?

阪神淡路大震災の時には、この記録が大変役に立ちました。自分の飲んでいる薬を正確に言える人はとても少ないのです。手帳を持っていたひとはいつもの薬がすぐに分かって持病を悪化させずにすんだのです。災害時でなくても旅行に行く時も便利ですよね、薬の記録をキチンと取っておく事はとても良い事なんです。

"かかりつけ"の薬局・薬店・薬剤師を決めよう

大衆薬を購入するときに、自分の体質や症状、今、使っている他の薬、これまでの副作用の経験の有無などについて薬剤師に伝えれば、安心で最適な薬を選ぶことができます。
相談しやすく、自分の症状について丁寧に聞いてくれる。薬のことだけでなく、生活上のアドバイスや情報をくれる。そんな薬剤師がいる薬局を見つけましょう。
処方せんで調剤を受けるときも、大衆薬を買うときも、おなじ薬局を利用すれば、薬ののみ合わせ(相互作用)や重複をチェックしてもらえるので安心です。信頼できる薬局・薬店の"かかりつけ薬剤師"に相談しましょう。
また、薬剤師会では、皆様のためになる薬局業務を積極的に行なう薬局を「基準薬局」として認定してます。かかりつけ薬局選びの目安にどうぞ。
ポイント1 立ち寄りやすい場所にある。
自宅や職場の近くやいつも行く商店街などの薬局なら、立ち寄りやすく処方せんを預けておいて後で薬を取りに行くということもできて何かと便利です。
ポイント2 薬を受け取るときの説明が丁寧でわかりやすい。
薬ののみ方や効能・効果、副作用などの注意点について、患者さんにわかりやすく、十分な説明をしてくれて、質問や不安な点にも丁寧に答えてくれる薬局がお勧めです。
ポイント3 話しやすい信頼できる薬剤師がいる。
薬の有効性を高めるためには、患者さんが納得して薬を使うことが大事です。そのためには、患者さんが気兼ねなくなんでも聞ける薬剤師がいる薬局がお勧めです。
ポイント4 患者さんのための細やかな配慮をしている。
患者さん本位の医薬分業ですから、処方された薬をすばやく、正確に出すということが基本です。しかし、医療で使われる薬は1万数千種類もあり、全てを在庫しているという薬局はありません。
在庫のない薬が処方されていた場合の機敏で適切な対処、また、夜間や休日の連絡先の表示など患者さんの立場に立った対応をしている薬局がお勧めです。

事務局 〒417-0061  静岡県富士市伝法2851 TEL:0545-53-8296 FAX:0545-53-3715

受付時間:午前9時より午後5時まで(土日・祝祭日・お盆・年末年始除く)